医療機関との併院と転院について

交通事故でのケガやむち打ちでの病院や整形外科の診察や治療とは

交通事故に遭われた場合は病院での検査等は必要になることが多いです。整骨院や接骨院ではレントゲンやMRIといった精密な検査はできません。
病院や整形外科ではその精密な検査をうけることが可能であります。一度検査をしておくことで交通事故での心の不安を取り除くことにもつながります。
検査や診察の結果によっては手術や投薬といった治療もして頂くことが可能になります。
そして正式な診断書の作成もしてもらえるので、交通事故に遭遇した際は、一度は必ず病院や整形外科の診察を受けましょう。事故発生から2週間以内に必ず診察に行きましょう

整骨院の交通事故治療はレントゲンに写らない症状にも幅広く対応

整骨院・接骨院ではレントゲンに異常がないと言われた「むちうち」や腰痛・各関節の痛み、その他にも骨折・脱臼・捻挫・挫傷の治療ができます。
これは柔道整復師といった国家資格を有するため、正確な判断で、正確なアプローチをすることができます。レントゲンやMRIに異常が出ない症状は、筋肉、骨格、神経の複合的な問題が絡み合い症状につながっています。 その複雑な問題を一人一人にあった手技をメインに提供してくれます。

整骨院・病院(整形外科)を上手く併用しましょう

交通事故直後は病院での診察

交通事故での「けが」や「むちうち」を早期に回復する方法はまず病院などで精密な検査をうけることが重要です。痛みや違和感のあるところをすべてしっかり病院の医師に必ず伝え、万一に備えてレントゲンを撮ってもらいましょう。そこで問題がない場合は重大なケガでないことで心の不安を取り除くことができます。患者様が医師にしっかり伝えない場合はレントゲンなどの精密な検査をしてくれない可能性もあるのでしっかり伝えましょう。後で本当に大丈夫かと不安になるものなのでしっかり伝えましょう。

整骨院での交通事故治療やリハビリ

交通事故後の整骨院(接骨院)でのリハビリや交通事故治療はレントゲンでは写らない筋肉や骨格、神経の問題に医療機器や手技を使って行います。その他にも骨折、脱臼、捻挫、挫傷に対してもリハビリをしてもらえます。定期的な病院での診察と整骨院などでのリハビリを上手く併用することが早期回復につながります。

医療機関からの転移について

交通事故でのケガやむちうちなどの治療は病院や整形外科もしくは整骨院・接骨院で治療を受けることが一般的です。しかし湿布や投薬、電気治療のみで治療方針に納得がいかない、症状の改善が期待できないと思うケースもあります。そのようなケースは「患者様本人の決定」で医療機関や整骨院・接骨院に移ることは可能なのです。納得のいかないまま治療を続け、後遺症が残ってしまうことが一番患者様にとって最悪なケースだと思います。

どこの医療機関に通うかは「患者様本人が決めることです」

スタッフよりアドバイス

病院や整形外科、整骨院、接骨院の治療に納得がいかず当院へ転院や併院されている患者様は沢山おられます。たしかに保険会社や病院・整形外科が転院や併院を認めることを拒むこともあります。しかし「病院・整骨院を選ぶ権利は患者様本人にあります。」極端なことを言えば誰にも気を使わなくても良いということです。
もし後遺症になってしまうと一生その身体と付き合うことになるのです。今遠慮することよりこれからのことをしっかり考えて治療に向き合うべきです。
当院は患者が後遺症を残さぬように納得の行くまでしっかりとした施術を致します。もちろん保険会社のやり取りから身体のことまで全面的にサポートしております。交通事故後の治療でお困りの方は大阪府東大阪市たなごころ鍼灸整骨院にご相談下さい。

staff