交通事故の必要性

保険証書の内容によっては、加害者でも被害者でも自己負担0円で治療が受けることができます!

こんな症状でのお悩みはありませんか?

交通事故治療のポイント

ポイント1 ポイント2

交通事故でむち打ちになった際、最初にかかる医療機関は、多くの方が整形外科だと思います。
病院ではレントゲンやMRI、CTなどで痛みの原因を見つけだします。
その原因によって、骨折や、骨にひびが見つかれば、ギブスや手術などの処置をします。
しかし、レントゲンで見当たらない原因、筋肉や神経の炎症、むち打ちだった場合は、レントゲン画像に映りません。医学的根拠が見当たらない場合、病院では、根本的治療はできません。その場合、経過を見て、安静にしていきます。しかし、いつまでも痛みや不調が続くと、生活に支障をきたし、不安ばかり募ります。
治療開始を遅らせれば遅らせるほど、筋肉は固まります。交通事故治療において、後遺症を残さないために、一番大切なのは、早期に適切な治療を行うことです。