整骨院と整形外科の違い

交通事故に遭ってしまうとどうしていいのか分からい?
交通事故は一生で何度も起きるものではありません。だから起きてしまった時にどう対処するのか?
そして対応等は適切であったのかと不安になる方も多いので、交通事故の対応等をまとめました。

整形外科

  • 治療は牽引や光線療法、痛み止めの注射、投薬、湿布がメイン

  • レントゲンやMRI、CTスキャンなど検査設備が充実

  • レントゲンに写った骨に骨折やひびなどの異常が見当たらなければ、「異常なし」という診断になってしまいます。筋肉などやわらかいものは写らないので、筋肉の炎症については確認できません。

  • 特別にむち打ちのための治療というものがあるわけではありません。

整骨院

  • レントゲンなどを撮ることはできません。

  • 治療は手技療法がメイン

  • 触診によりレントゲンでは写らない筋肉や関節周辺の微妙な異常を見つけだすことができます。

  • 国家資格を有した鍼灸・整骨(柔道整復)のスペシャリストが手技による施術を行うため、一人一人の症状に合わせた細やかな治療 が可能となります。

交通事故によるケガやむちうちなどで病院や整形外科を受診するもレントゲンでは異常なくシップなどの投薬で症状がなかなか改善されないのは、筋肉や骨格、神経といった問題が複合的に絡みあっているからです。
たなごころ鍼灸整骨院の交通事故治療は、整形外科や病院では改善しにくい症状も矯正やマッサージ、鍼治療、灸治療、整体などを一人一人の患者様に合わせて提供致します。
交通事故によるケガや鞭打ちは交通事故による後遺症を残すこともあります。
後遺症を残さないためにも早期治療を行うことが早期改善に繋がり、最初の3ヶ月が重要とも言われています。
たなごころ鍼灸整骨院は病院や整形外科と同じで自賠責保険の適応によって治療費が0円で治療を受けることが可能です。
経済的な不安を抱えることなく治療を受けることができる整骨院です。
交通事故治療でお困りの方は大阪府東大阪市のたなごころ鍼灸整骨院にご相談下さい。