交通事故に遭遇して病院での診察から整骨院での治療まで流れ

交通事故に遭ってしまうとどうしていいのか分からい?
交通事故は一生で何度も起きるものではありません。
だから起きてしまった時にどう対処するのか?
そして対応等は適切であったのかと不安になる方も多いので、交通事故の対応等をまとめました。

point1交通事故に遭遇した場合は負傷者の確認をすること

確認

交通事故に遭遇してしまった場合は、自分の体と相手の体の状態を一番に確認することです。
もし、意識を失っている場合や出血を伴った負傷、その他にも身体に強い痛みを感じている場合などの場合は救急車を呼ぶことが大切です。
事故直後は痛みがない場合でも事故はあとから痛みがでることが多く、特に追突事故は痛くなくても病院に行くほうが不安なく生活を送ることができます。
軽い追突事故でも病院で診察や交通事故治療を受けることがおすすめです。

point2警察への連絡

どんな些細な交通事故でもまずは警察を呼んで下さい。
物損事故・人身事故に関わらず、警察に連絡することが運転者の義務になります。警察を呼ぶことを忘れている方はすぐに警察に連絡を入れましょう。
交通事故で警察を呼ばなかった方は交通事故届出違反になります。交通事故の届出をもししていない方は交通事故の時に保険金を請求する時に「交通事故証明書」を受け取ることができなくなります。
しかし、事故を私有地で、怪我のない物損事故の場合は届けでの義務がありません。

point3保険会社に連絡

保険会社

交通事故に遭ってしまった場合は自分の契約している任意保険会社に連絡をして事故報告をして下さい。
加害者、被害者に関係なく保険会社に連絡することです。体に不安や痛みを感じ、病院での診察や治療または整骨院などで交通事故治療を受ける場合はそのことも保険会社に連絡して下さい。
基本的には60日以内に保険会社に連絡をしていない場合は保険金が受け取ることが難しくなるので注意して下さい。
その他に任意保険会社と契約をしていない場合は被害者請求という形で整骨院での交通事故治療を受けることが可能になることもあります。
そのようなケースの場合は大阪府東大阪市のたなごころ鍼灸整骨院に一度ご連絡下さい。詳しく説明致します。

point4病院で診察を受ける

病院

交通事故を起こして自分は大丈夫。そう思っている方は多くおられます。
交通事故の衝撃は思っている以上に体に負担が大きいものです。後から症状が出てきて病院で診察や治療を受けに行こうと思っても認められないケースも出てきます。
一度病院での診察や治療を受けておくことが安心に過ごせることに繋がると思います。大阪府東大阪市のたなごころ鍼灸整骨院の交通事故治療は病院や整形外科との併院や転院も可能です。

point5整骨院で治療を受ける

整骨院

たなごころ鍼灸整骨院は交通事故での負傷された患者様の一人一人の症状に合わせた交通事故治療を行います。当院は痛みの軽減から痛みの出ない身体づくりまでトータルでサポート致します。
私たちは交通事故での後遺症を残らない治療を心がけ、専門家として私達は患者様が治るまでけっして諦めません。
交通事故後の負傷でお困りの方はむちうち治療や交通事故治療に自信の大阪府東大阪市のたなごころ鍼灸整骨院にご相談下さい。